WORKSHOP Archive

「アート?パフォーマンス?ファッション?建築?「パラフークの世界」でランチ会-Sexy Salad-"」

im1.jpg

日時:2018年(H30)2月8日(木)
時間:12:00〜15:00
場所:Impact Hub Kyoto(京都市上京区)
対象:どなたでも
参加費:500円 + 一品持ちより

"あなた""わたし"の身体(からだ)はどこまで? 変な服の"わたし"になっちゃった!
 ARTISTS' FAIR KYOTOの関連イベントとして開催されたART MEETS WINTERでは、京都市内の様々なオフィスや飲食店などにアーティストの作品が展示された。その開催場所の一つであるInpact Hub Kyotoにてパラフーク体験とアナフーク工作のできるワークショップを開催。Inpact Hub Kyotoで毎月第2木曜日に開催されている持ち寄りランチパーティ「Sexy Salad」とコラボする形での開催となった。食事会ではオリジナルの手づくり肉まんをつくり、その後にパラフーク体験とアナフーク工作をゆるゆると行う。参加者は未就学児の親子連れやアート好きの方、パラフークに興味を持った方など様々であった。

ねらい
見知らぬ親子連れが集い、一緒にパラフークで遊ぶことで子育てやアートのことなどの情報を交換する場をつくることをねらいとした。パラフークとアナフークという身体を介することで成立するアートがあることを知ってもらい、身近に感じてもらうというねらいもあった。

im2.jpg

im3.jpg
パラフークには子どもサイズもある。母親が子どものパラフークを膨らませる。

im4.jpg
会場となったInpact Hub Kyotoは大文字が望めるとても良いロケーションだ。

im5.jpg
3才くらいの子どもも大喜び。

im6.jpg
アナフーク工作の手順は、最初に穴だらけのビニールシートをベストのように着用し、
ビニールチューブや梱包材料、フェルトなど様々な工業製品を洗濯バサミを使って
ベースシートの穴などにくっつけていき、自分自身をアレンジする。穴に材料を通し
たり、ひも状のもので結んだりする。切る、ちぎるといった加工は行わない。活動が
終ったらチェキで撮影し、使った材料はまた元の箱に戻す。参加者はチェキの写真
を記念に持ち帰る。

im7.jpg
特にお母さんは自分の子どもを可愛くしたいという思いが強く、積極的に手伝ってくれる。

im8.jpg

Posted by AkiraHigashi(2019-02-03)